Posted on

バランスボール

普段の生活中で、ダイエットに簡単に取り組めることをコツコツと継続することが大切だと思います。取り組む際にはちょっとハードルを低めに目標設定をするのも、継続できるコツです。
具体的には、まず体重を毎日測り、記録すること。最近ではスマホのアプリでも体重が記録することができ、かつグラフ化して目に見えてわかりやすい形になります。毎日測れば、少しの変化も気になり、食事内容にフィードバッグできたり、何よりもまずダイエットの効果が出てきた時に、モチベーションがアップします。
食事はバランス良く食べるのが大切ですが、食事内容を制限するより先にまず食べ順を変えてみましょう。野菜から食べ、次にタンパク質、最後に炭水化物、という順だと血糖値も上がりにくく、食物繊維から食べるので満腹感が得やすく、食べ過ぎずにすみます。
運動については、あくまでも普段の生活の中にある動作をベースに少し工夫することから始めましょう。例えばエレベータやエスカレーターを利用していたところを階段を利用したり、家の中で座る動作をバランスボールに変えたりします。これならば、仕事で忙しくて時間がない人でも簡単に取り組めます。
とにかくダイエットの継続には無理なく、ストレスなくするのが一番です。即効性はありませんが、逆にリバウンドもしにくいです。

P1050777

Posted on

半身浴

P1050834

今までいろんなダイエットに挑戦してきましたが失敗続きでした。でも、最終的に減量出来たのでそれまでの過程を書きたいと思います。

まず、最初に試したダイエットは運動と簡単なストレッチです。

1日30分のジョギングとお風呂の後に軽くストレッチをするだけのダイエットです。

始めは調子が良かったのですが、3日目くらいから筋肉痛になり雨の日は走れないので中止に。

明日やろうと思いながら結局長くは続かずやめてしまいました。

次に試したのが置き換えスープダイエットです。トマト缶と野菜たっぷりのスープを1日1回夕食時に食べます。

これは簡単ですが、毎晩同じ料理を食べなきゃいけないので2ヶ月くらいで飽きてしまいました。

次に試したのが半身浴です。これはいちばん効果がありました。

38度くらいのお湯に15分浸かり、3分休憩して、また15分の繰り返しでこれを3セットやります。

半身浴中は、脚のマッサージやコロコロを気になるところにやります。音楽を聴いたり、雑誌を読んで過ごすことも。

お風呂の後も脚や腕のマッサージをしっかりとやります。体が温まり脂肪が燃焼しやすくなります。

翌日、むくみがとれすっきり!脚もお腹も引き締まった気がしました。

半身浴+夜だけ炭水化物抜きにしてこのダイエットを半年間続けた結果、-10?の減量に成功しました。

あれから1年が経ちましたが、体重は変わらずリバウンドなしです。

これからもこのダイエット法を続けていきたいと思います。

Posted on

縄跳びダイエット

P1050843

私は今までにダイエットはいろいろな種類のものをやりました。中には失敗するしたものもあります。

最初は食べないダイエットです。中学生の時にやりました。とにかく食べない、食べても野菜ばかりというものでしたが、成長期の中学生だったので、体力的にもちませんでした。体力的に持たないと精神的にももたず、すぐに諦めてしまいました。

その次はお風呂で半身浴ダイエットをしました。毎日お風呂に1、2時間はいりとにかく汗をかきました。ですが夏になると湯船にお湯をためてもらえなくなり、学生だった私は親にさからえず断念しました。

その次は縄跳びダイエットです。縄跳びを毎日1000回飛んでいました。その時自動でとんだ回数がわかる縄跳びを持っていたので、それではかっていました。これは結果が出て半年くらい続けることができ5キロくらい落ちました。ですが体重が落ちたことと縄跳びが壊れてしまったことで気持ちがつつかなくなってしまいました。

このあとこの体重をキープしました。ですが、大学受験の時に前よりも太ってしまい、とうとう親が協力してくれました。

食事は油を減らし、野菜多めでかさを増やして満腹感を出してもらいました。また、休みの日に市民プールに行きおもいっきり泳ぎました。

それによって体重は大学受験前よりも少し落とすことができました。ダイエットは自分ひとりだけより家族の理解があると効果が出やすいと思いました。

 

Posted on

減塩

旦那と結婚して今年で三年目、新婚の時はあまり気にしていなかったけれど、段々下っ腹が出てきて中年太りしてきたなぁと思うようになった。

P1050838
旦那は若い頃から味の濃い食事が大好きで、私は薄味が好きなので、ダイエットの為にも良いよと食事をすると機嫌が悪くなるので、ずっと食事の味付けについては本当に困っている。
食の好みの違う私達がどうして一緒になったのか、実は部署は違えど旦那は同じ会社に勤める上司だった。
入社した年の忘年会の二次会で初めて会話をして、三次会の帰りには何故か付き合う事になっていた。
そのまま二年半位付き合い社内婚をした感じだったけど、別にこれといって二人が大恋愛の末に結婚した訳ではない。
初めて会ったのも、会社の休憩室でタバコをふかしていたら隣にいた感じで特にビビッと恋に落ちた訳でもない。
お互いに知り合いの紹介で中途入社して、お互いに家族構成が次男と次女で、好きな事が食べる事だったり、人に合わせたり流されやすくて忘年会の三次会のその場空気に乗って付き合う事になったりとか位しか共通している事はない。
殆ど相手の事を何も知らないで付き合い始めて、段々お互いに一緒にいて楽な相手になったんじゃないかなと、今は思う。
初めてのデートはボーリングにビリヤードにダーツと、学生時代ずっと美術部で仕事も自社広告デザインのチラシや看板を黙々と静かに制作する部署にいた筋金入りのインドア派の私には無縁の世界ばかりで、運転免許のない私をマリンブルーのスポーツカーの助手席に乗せて今まで行った事のない場所へと沢山連れて行ってくれた。
彼との出会いはまるで子供の頃に夏休みに見た満点の星空、一筋の光が少しずつ集まって出来上がったプラネタリウムの様に眩く輝いていた。
それまでに男性と付き合った事がない訳ではないのに、学生時代に考えていた胸がときめく様な素敵な恋ってこんな感じの事なのかな、と思ったのは最初だけで、それ以降は殆ど会社の帰りに食事やら飲み会で一緒にという感じだった。
横でスヤスヤ気持ち良く眠っている息子を撫でながら、その向こうで沢庵を噛んでいる様な音を立てて歯軋りをして眠る旦那の寝顔を見て、何だか凄く懐かしい事思い出した気がした。
旦那のダイエットの為にも、味が濃くても健康的な食事が作れる様になりますように。

Posted on

○○ダイエットは卒業

ダイエットには、流行り廃りがありますね。例えばバナナばっかり食べるバナナダイエットとか、食べたものをノートに記録するレコーディングダイエットとか。

今は炭水化物を抜くダイエットが人気のようですね。

私は、これらのダイエットはできません。

バナナばっかり食べてると飽きるし、健康にいいとは思えません。

レコーディングダイエットは、いちいち書くのがめんどくさくて、三日坊主どころか一日たりともやりとげられないでしょう。

炭水化物抜きなんて、一番ありえないです。だって、白米は私の大好物世なんですもの。世の中からなくなったら一番悲しい食べ物です。

健康的に痩せるには、何でもバランスよく食べるに限ります。自然のものであれば、どんな食べ物も身体によいはずです。大切なのは適量を守ることじゃないでしょうか。

あとは、よく噛むこととか、楽しみながら食べることとか、昔から言われてきたようなことをしてればいいと思います。

○○ダイエットは卒業しましょう!普通が一番です。

さて、ただいまの私は子育て中、授乳中でして、お腹が空いて空いて仕方なく、どんぶり飯を食べても太らないというラッキーな状態です。

しかし、赤子を宿して膨張した腹が、出産後の今もでーんと飛び出たままで、ひっこむ気配が全くありません。

赤子がいるので大した運動ができない今は、赤子をベビーカーに乗せて日がな散歩してます。

一時間でも二時間でも歩くので、日に日に健康になってる気がしますが、やっぱり腹はへこみません。

今、腹がへこむ○○ダイエットというのがあったら、真っ先に飛びついてしまうかもしれません。

P1050842

Posted on

代謝の悪さ

30代ともなるとみるみる自分の代謝の悪さに気が付きます。
若い頃はあんなに食べてたのに体型はほとんど変わらなかったのです。
適度な運動をしても、さほど疲れもなくこれがいつまでも続くのだと何の不安も感じてなく、生活して行きました。
最近は疲れやすく、単に運動する量が減ったからだと言い聞かせててましたが、食欲は以前と同じくらいなので、どうしても太りやすくなってました。
そこで、思い切って運動する事に決めプールやジョギングなどを始めてみて、改めて気が付いた事がありす。
歳と共に代謝が落ちてます、体力も落ちてます、落ちてないと錯覚してるだけなんです。
ほんの数年前まで平気だった事が出来なくなってる事に驚きました。
ダイエットしようとすると、どうしても、食事の量を減らしたり野菜中心の料理を心掛ける事になりがちですが、私の健康ダイエットはとにかく散歩、そして深呼吸これの繰り返し。
時にはプールやランニングも良いでしょう、身体を動かすことでストレスも発散され、持久力も付き何よりもご飯が美味しいのが私の発見です。
食べる量も変えずに、噛む量と食べる時間を長めにしました。
そうする事で自然と食べる量が減り、また快便になりました。
きっと代謝が良くなってきたのでしょう。
最近は自動車も燃費のいい環境に配慮したエコカーブームです、自分の身体も燃費よく、そして長持ちさせる為に健康ダイエット試してみませんか?

P1050836

Posted on

楽して痩せる

世の中には様々なダイエット方法があります。そしてそのダイエット方法は、楽して痩せられる、と言った類のものが多いのではないでしょうか。私はそもそもこの楽して痩せられるという事に違和感を感じています。
いつの時代にも、ダイエット方法が新たに生み出されては流行り、そしていつの間にか廃れていきます。その繰り返しをしているにもかかわらず、世の中の大半の人が、あのダイエット方法はいいらしい…という根拠のない努力をしていきます。そして確かに効果はでるのです。一過性のものとしてですが。
やがて、そのダイエット方法では限界が出てきます。何ヶ月かすると、その方法ではうんともすんとも体重が変動しなくなるのです。そうなるとモチベーションも下がり、今までの生活に逆戻りします。何かと制限がされるダイエットにおいては、精神的苦痛がもっともウエイトを占めていると考えます。
リバウンドが始まれば、あっという間に元の状態に戻るのです。そしてまた新しいダイエット方法との出会いに期待することでしょう。私が言いたいことは、ダイエット方法をきっかけにすることは良いと思いますが、それが万能ではないということです。
永久に続けられることをダイエットとして取り入れたのなら、その効果は永久的に続くことでしょう。しかし、それは容易いことではありません。初めの一歩は、缶コーヒーをやめて、ブラックのコーヒーを淹れて持っていくなどでも良いのかもしれません。そういったちょっとした一工夫こそが、究極のダイエット方法なのではないでしょうか。

P1050840

Posted on

ダイエットと少子化

『ダイエットと少子化』、一見全く関係のない様に思われますが、大いに関係あるのです。
まず、ダイエットは、女性であれば1度や2度は経験あるのではないでしょうか?運動、食事制限、サプリメント、エステ等、その方法は様々です。
現代、女性は細ければ細いほどスタイルが良く好まれる傾向にあります。ファッション誌のモデル、女優さん等、みんな細身です。
しかし、細すぎる体、栄養不足な体では妊娠しにくいことが分かっています。
10代では気付かなくても、結婚していざ子供が欲しい時、繰り返し行っていた過度なダイエットによってもたらされた体の異変のせいで、妊娠しづらくなってしまう場合もあります。
異変とは、生理不順や無排卵等、様々です。女性のホルモンバランスは繊細で、感じやすいのです。
痩せすぎず、太りすぎない程度の標準体型が、最も妊娠に適応しています。
少子化が危惧されている昨今、若者に対し、このような注意喚起も必要なのではないでしょうか?
子供は将来の宝です。少子化を緩和させることは、日本の国策の重要課題にもなっています。
持って生まれた骨格にふさわしい体型があること、その体型の維持こそ、子供を授かれる近道であることを、国は若い女性、男性共に伝えていくべきだと思います。
その重要さ知った男女は、今後細身のスタイルに憧れをいだかなくなるでしょう。

P1050835

Posted on

炭水化物抜きダイエット

今まで、ダイエットするぐらいなら美味しいものをお腹いっぱい食べて早く死にたい!と思っていた私がこの度初めてダイエットに挑戦する事にした。

P1050841

理由は、11月16日から始まる関ジャニ∞のコンサートツアーに向けてこのままの体型で大好きなアイドルに会うのはダメだと感じたからだ。

好きな人には綺麗だと思われたい。この気持ちは大半の女性がお持ちだろう。アイドル相手とは言え、私もこの気持ちを胸にダイエットを決意した。

今まで、ダイエットを試みては3日と持たず失敗を繰り返してきた。そこで、今回は家族の協力を得てダイエットを行おうと考えた。

体を壊しては元も子もないので、無理のない範囲でダイエットをしようと考えた結果、私は炭水化物抜きダイエットを行う事にした。

と言っても、晩御飯に家族と同じメニューを食べず、豆腐や野菜、白滝の鍋をポン酢で食べるというただそれだけの事である。

しかし、今まで食事が大好きで何も考えず好きな物をただ食べていた私にとって、このダイエットは苦行である。

現在3日が過ぎ、母に「明日もこれでいいの?」と聞かれ、私は「これにして。まだ続ける!」と答えた。

体重は怖くて測っていない。ほんの少しではあるがお腹がへこんできた気がする。明日には体重を測って現実と再び向き合おうと思う。

効果が出ているといいな…

Posted on

本気でダイエット

20代後半で第一子を出産しました。結婚して2年目でした。
結婚してすぐに専業主婦になったので子供がいなかったときは基本「ぐーたら」していたので、
独身時よりも体重はすでに10kgオーバーしておりました。
妊娠後、「体をいたわらなきゃ」と都合のいい理由をつけ、「ぐーたら」に拍車がかかりました。体重はみるみる増え、臨月時には+13kg。独身時から比べると23kgほど増えていました。

初めての育児は完全母乳でしたが、おなかがすくのも半端なく、全くやせることがありませんでした。
かといって、ダイエット食は母乳に影響すると思い、積極的ダイエットから逃げていた1年。
子供が卒乳すると同時に本格ダイエットを試みました。

まずは意思の弱い私は、仲間を集いました。ネットで一緒にダイエットしてくれる仲間を数名見つけ、
「今日は何をした。」「こんな運動をしている」と言うのを毎日報告し合いました。
そして何kg痩せたかという報告も忘れずに続けていった結果、15kgのダイエットに成功。独身時代よりも痩せて、本当にうれしかったです。

行ったことはシンプル。食事の量を少し減らすこと。運動を必ず毎日すること。半身浴をすること。この3つです。
行った運動は腹筋や背筋、スクワットなど一般的なもの。全て家の中で出来るものでした。
食事も特にダイエット食を作ったわけではなく全ての量を少しずつ減らしたのです。
これを1年続けたら、15kg痩せました。体調も悪くなく、理想のダイエットだったと思います。

現在、人生最悪の体重になっております。ダイエット成功後、再び妊娠しました。この時の妊娠は病院から「絶対安静」と言われる妊娠でしたので、すぐに里帰りし、全ての家事を母に任せ、私は寝るか食べるか座るかの毎日でした。
もともと太りやすい体質なので、再びどんどん太り・・・。それでもおなかの赤ちゃんを守るため、ゆったりと動かない妊婦をしておりました。少しでも体調を悪くすると入院と言われたので、それだけは避けたかったので、子供の面倒もごくごく簡単なことしかしませんでした。

無事に第2子を出産し、授乳期間が終わって、いざ再びダイエットをしようと思い始めたころ、第3子を妊娠。ダイエットどころではなく、体重が戻らないまま再び増え続け、現在に至ります。
3人の育児は大変で、自分に使える時間は少なく、運動とか意識して行えませんでした。

現在は子供たちが皆小学生になったので、自分の時間はあります。しかし、もともとぐーたらな私のせいか幾なので、なかなかダイエットが続きません。
昔のように本気でダイエットを一緒に頑張ってくれる仲間がいないと、私の意志は続かないみたいです。

もうすぐ40代、30代のうちに少しでも体重を落としたいのですが、なかなか難しそうです。
P1050839